ブログBLOG

SEARCH

エアコンは必要?エアコンを使用するメリット・デメリットを解説

1.エアコンを使用するメリットとは?

ここでは、エアコンを使用するメリットをみていきましょう。

1-1.暖房・冷房が使用でき、除湿機能もついている

エアコンは冬などの気温が低い時には暖房、夏などの気温が高い時には冷房を使用というように一台で暖房と冷房の切り替えが可能な機器です。そのため、季節を問わず、快適な室温に調整することが可能です。

また、エアコンは除湿も行えるため、部屋の湿度が高いと感じた際に、部屋の湿度を下げられます。

1-2.部屋全体を効率よく温度調整できる

エアコンは限られた部分ではなく、部屋全体の温度調整を行えます。石油ストーブなどの場合は、限られた部分の温度調整ができても部屋全体の温度調整はできません。エアコンの機種によっては、部屋の温度を自動で感知し、ムラなく温度調整してくれる製品もあります。

1-3.温度を保ちやすい

エアコンは室内の空気を循環して暖めたり、冷やしたりする仕組みです。そのため、外の天候や温度と関係なく安定した温度を保てます。特にペットを飼っている方は、温度を一定に保つ必要があるため、エアコンを多用されている方が多いです。

1-4.安心して使用できる

扇風機では回転する羽に触れてケガをする、ストーブでは火傷するリスクがあります。壁掛エアコンなどの場合、天井近くなど高所に設置するため、小さい子供やペットがいても安心して使用できます。

2.エアコンを使用するデメリット

エアコンを使用するデメリットをみていきましょう。

2-1.設置工事が必要

壁掛エアコンなどの設置には工事が必要です。工事の最中には立ち合わないといけないため、スケジュール調整が必要となります。また、設置業者によって、設置方法や技術力が異なります。エアコンが正しく設置されていないとエアコンの室内機が落下するリスクがあることは把握しておきましょう。

そのため、エアコンを設置を業者に依頼する場合は、評判や実績を確認し、信頼のおける業者に依頼することをおすすめします。

2-2.本体価格が高い

エアコンは機種によって値段が大きく異なるものの、最低でも数万円の出費は必要です。そのため、扇風機や石油ストーブよりも本体価格は高いです。そのため、設置を検討する際には、エアコンの機能やお掃除機能付きの有無などを考慮しながら、使用環境に合うものを選択しましょう。

2-3.頭痛や体の不調の原因となることもある

直接エアコンの冷風を浴びると頭痛がすることがあります。また、エアコンの汚れを放置した場合、カビが生えて、エアコンの風でカビが放出されます。カビが放出されるとアレルギー症状、気管支喘息などの症状の原因となる場合があるため注意しましょう。

3.エアコンは汚れが溜まるので定期的な掃除が必要

エアコンにはさまざまなメリットがあるものの、設置工事が必要で本体価格が高いといったデメリットもあります。また、エアコンは使用すると汚れが溜まっていくため、キレイな状態で使用するには定期的な掃除が必要です。

しかし、熱交換器やファンの清掃を自分で行うのは困難であるため、エアコンクリーニングを業者に依頼しましょう。ハウスコンシェルジュ山形店では、お客様のエアコンの汚れを丁寧に落とします。「汚れが気になる」、「設置してから年数が経っているけど掃除していない」という方はお気軽にご相談ください。

読んでくださりありがとうございます。感謝致します。